ローヤルゼリーと医薬品の相互作用はある?

ローヤルゼリーと医薬品の相互作用はある?

相互作用というのは、複数の薬・サプリメントを同時に摂取した時に、お互いの効果に影響を及ぼすことです。
例えば、同じような効果のある薬を一緒に飲んでいたら効果が出過ぎてしまった、薬と一緒にサプリメントを飲んでいたら、薬の作用が弱くなってしまった、ということがあります。

ローヤルゼリーには様々な効果がありますが、その中でも相互作用が起こる可能性があるのが、高血圧の改善作用です。
血圧を下げる薬を飲んでいる場合は、薬の効果が出やすくなる可能性があります。
元々血圧を急激に下げるような効果があるわけではないので、血圧が下がりすぎてしまい危険ということはほとんどないでしょう。
もし心配であれば、かかりつけのお医者さんに相談して、問題ないかどうかを確認しておきましょう。

ローヤルゼリーと組み合わせるのが危険とされているのが、ワーファリンという成分です。
ワーファリンには血を固まりにくくする作用があり、血栓予防などに使用されています。
脳梗塞を起こした人など血栓のリスクが高い場合に処方される薬です。
ローヤルゼリーがこの薬の効果を上げてしまい、出血が止まりにくくなるケースがあるようです。
ワーファリンを服用している人は、他にも何種類もの薬を飲んでいることが多いので、自分が服用している薬をきちんと覚えていないこともあります。
ワーファリンを服用している、または脳や心臓などの血管にトラブルが起きたことがある人などは、お医者さんにローヤルゼリーを飲んでも大丈夫か聞いてから飲みましょう。

医薬品ではありませんが、お茶や熱い飲み物と一緒に摂ることで、ローヤルゼリー自体の効果>が落ちてしまうこともあります。
用法を守り、水などで飲むようにしましょう。

他にも、ローヤルゼリーに含まれているビタミンなどが原因で、薬の吸収や効果を妨げてしまう可能性はあります。
薬を飲むタイミングとずらして服用したり、余計な成分が添加されていない商品を選ぶなどの工夫で防ぐこともできます。
あまり気にしすぎず、気になることはお医者さんに相談するのが一番です。
また、参考としてローヤルゼリーの体験談などの記事もチェックしておきましょう。