ローヤルゼリーに含まれるビタミンBって?

ローヤルゼリーに含まれるビタミンBって?

ビタミンBは、代謝ビタミンとも呼ばれているビタミンで、私たちの体内で働く酵素の働きを助ける補酵素としての働きがあります。
補酵素というのは潤滑油のようなもので、これがないと酵素がうまく働くことができません。

体内では様々な酵素によって、食べ物の栄養を利用できる形にしています。
その働きに必要なビタミンの総称がビタミンBで、ビタミンB群には8種類のビタミンがあります。
ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸です。
補酵素として働くためには、そのままではなく活性型に変える必要があるのですが、そのためには他の種類のビタミンBが必要なので、どれか1種類があればいいのではなく、なるべくたくさんの種類をバランスよく摂る必要があります。

ビタミンBが不足すると、様々な症状が起きます。
たとえば、B1が不足すると肩こりや疲労、食欲不振などを起こす可能性があります。
かつて江戸患いと呼ばれた脚気は、主食を玄米から白米に変えたことで起こるビタミンB1不足が原因です。
ビオチン不足では脱毛や白髪、無気力、肌のむくみなどが起こる可能性があります。
近年ではビタミンB不足が深刻な問題になりつつあり、食生活の乱れによって脚気になる若者も増えています。
意識的にビタミンB群を摂取する必要があるのです。

ローヤルゼリーには、8種類のビタミンB群全てが含まれています。
加えて、ビタミン様作用物質と呼ばれる、ビタミンと同じような働きをするが、厳密にはビタミンではない物質も含まれています。
ローヤルゼリーに含まれるビタミンBと似たような働きをするコリンとイノシトールは、脂肪肝を防ぐ栄養素です。
レシチンという物質にはコリンとイノシトールが含まれているのですが、レシチンは細胞膜を作るために必要な物質です。
また、脂質の代謝に関係していることから、ダイエットにも効果があるようです。

ビタミンBは種類が多いので、全てを摂ろうと思うとなかなか難しいものです。
ただし、ローヤルゼリーにビタミンC含まれていない為、ビタミンCは別で摂りましょう。
ローヤルゼリーなら全て一緒に含まれていますし、他にも身体のために必要な栄養素がたくさん入っています。
ビタミン不足の対策に、ローヤルゼリーを摂取してみてはいかがでしょうか。