ローヤルゼリーとQ10の関係性

ローヤルゼリーとQ10の関係性

コエンザイムQ10は、強い抗酸化作用が注目され、アンチエイジング効果のあるサプリメントや基礎化粧品などに使用されています。
一方、ローヤルゼリーは健康に良い成分が多く、栄養のある食品として知られています。

あまり関係のなさそうな組み合わせですが、実は相性が良いといわれています。
ローヤルゼリーは栄養が豊富なので、身体に栄養を補給し健康な状態にしてくれます。
コエンザイムQ10は強い抗酸化作用を持っていて、細胞の老化を防いでくれます。
ローヤルゼリーが元気な細胞を作り、コエンザイムQ10がそれを保つ、という役割をしてくれるのです。

コエンザイムQ10は、美容効果が有名ですが、他にもとても大切な役割を持っています。
コエンザイムQ10は補酵素と呼ばれ、酵素の働きを助ける作用があります。
エネルギーを作りだす時に、酵素が働くためにはコエンザイムQ10が必要です。
ローヤルゼリーに含まれているビタミンB群も、同じように酵素の働きを助ける補酵素としての役割があります。
私たちが食べた物は消化によってブドウ糖に、さらに分解されクエン酸回路と呼ばれる部分でビタミンBが補酵素として働きエネルギーの素となり、最後にエネルギーを取り出す部分でコエンザイムQ10が必要になります。
どちらか一方だけでなく、両方揃わないとうまくエネルギーを作ることができないのです。

コエンザイムQ10はビタミンと似ているので、ビタミンQと呼ばれることもあります。
ビタミンの定義は体内で生成できないものなので、体内で生成できるコエンザイムQ10は正しくはビタミン様作用物質ということになります。
ですが、加齢により生成できる量が減ってしまうので、ビタミンと同じように食品などから摂る必要があります。

ローヤルゼリーとコエンザイムQ10は、どちらも健康のためには良い物ですし、お互いの邪魔はしません。
別々に摂っても良いですが、最初からバランス良く配合されたサプリメントなどもオススメです。
またよく混同されがちなローヤルゼリーと蜂蜜についても参考にご覧ください。ください。