ローヤルゼリーソフトカプセルの効果

ローヤルゼリーソフトカプセルの効果

市販のローヤルゼリーには様々なタイプがあります。
それぞれメリット・デメリットがありますが、ソフトカプセルになっている物には効果があるのでしょうか。
ソフトカプセルのメリット・デメリットをまとめました。

ローヤルゼリーには大きく分けて3タイプあります。
生タイプ、乾燥タイプ、調整タイプです。
生タイプというのは、蜂の巣から採れたローヤルゼリーそのもので、蜂蜜のようなドロッとした状態です。
このタイプが一番栄養などの効果を得やすいのですが、デメリットが多いのも特徴です。
まず、独特の味が苦手で続かないという人が多くいます。
新鮮で質が良い物であるほど、ピリッとした酸味が強くなるためです。
生タイプのローヤルゼリーのメリットは新鮮さと質の良さなので、良い物を求めるほどクセが強くなってしまうのです。
新鮮であるが故に、長期保存ができないという問題もあります。
また、そのまま瓶に詰めてある商品が多く冷蔵保存する必要があるため、持ち歩きには向きませんし、使い切れないということもあります。
家族全員で摂りたいという場合には良いかもしれませんが、使うのが自分だけであれば、長期保存できる方が良いでしょう。

ソフトカプセルによく使われるのは乾燥タイプです。
乾燥させることにより保存がしやすくなり、味も気になりにくくなります。
ローヤルゼリーは加熱してしまうとせっかくの成分が壊れてしまうので、乾燥させることで効果が落ちてしまうことを心配する人がいます。
ですが、フリーズドライの技術により、ほとんど栄養を壊さずに粉末にすることが可能になりました。
同じ乾燥タイプでも粉末状態で飲む物や錠剤になっている物、ソフトカプセルになっているものがありますが、味が一番気にならないのはソフトカプセルです。
持ち歩きにも適しているので、旅行などでも手軽に飲むことができます。

調整タイプのローヤルゼリーは生、乾燥問わず、ローヤルゼリーに他の成分が足された物です。
ローヤルゼリーには含まれていない成分も一緒に摂ることができます。
また、値段も安価であることが多いです。
ですが、調整タイプは全体の1/6以上がローヤルゼリーであればいいので、見た目ほど使用されている量がなく、効果が実感しにくいということもあります。
どんな成分がどれだけ摂れるのかをきちんと表記してあるものを選ぶようにしましょう。

人によって合うタイプは違いますが、ソフトカプセルはどんな人でも飲みやすくなっています。
決して安い物ではないので、失敗したくないという人はまずはソフトカプセルタイプを選ぶことをオススメします。
ローヤルゼリーで健康生活始めてみませんか。